《レポート》6.15 チャリティー子連れお外ヨガ@木場公園

子連れヨガ 木場公園

先日は、チャリティお外ヨガにご参加いただきまして誠にありがとうございました。
ご寄付いただきました《43,010円》は、責任をもって支援団体へ送金させていただきました。 賛同いただきました、皆様には重ねてお礼を申しあげます。

 

 

子どもが泣いても騒いでも”お互いさま” まずはママがリラックスすることが大事。

さて、今回のインストラクターは、男児2児の母でもあるAi先生。 産前と産後の心と身体のめまぐるしい変化は自身でも経験済みでもあります。

女性の身体が大きく変化するこの時期は、特別なケアをすることが必要と言われています。 とはいえ、家事に育児にと一手に背負っているママにとっては、なかなか難しいものがありますよね。

今日の子連れヨガは60分間。すこし汗ばむくらいの気温で木陰の下が心地よい、ヨガをするにはぴったりの陽気でした。

まずは、心を緩ませることにフォーカスすることからスタート。
日常では呼吸をしている事は意識しませんので、自分の呼吸の浅さに気が付かないことが多いのです。 さらに赤ちゃんとの生活で自分自身をかまっていられないの正直な所。 ましてや、初めての育児の場合は緊張の連続であったりもします。

自身の産後経験をぎゅっと詰め込んだAi先生の子連れヨガレッスンは、安心感が違う! ママの心に寄りそい、自然に緊張をふっとほどいてくれます。

さらに、
ハスヨガのお外ヨガは赤ちゃんが泣いてもOK! オムツ替えもその場でOK! 脱走してもOK! そんな雰囲気もママの心をさらに軽くしてくれるのでしょうね。

産後は特に下半身の筋肉をトレーニングするのが理想的。

とくにベビー時代は、抱っこ抱っこ抱っこの毎日。 腹筋や骨盤底の筋力が戻っていないうちに無理な体勢での抱っこが続くと、気がつけば整体通いをするはめになっていたなんてことも。
後半ではバランス系立ちポーズが中心。 これらのポーズは、体幹を強化し腹筋に力を入れやすい状態の身体に戻し、正しい姿勢で自然と立てるように矯正してくれる効果があると言われています。
産後は意識をして体幹強化を行っていくことによって、体重の戻り、腰痛、尿もれなど産後女性特有の悩みを解消してくれることにもつながっていきます。

さらに、前半で呼吸とともに自分自身の内側に意識を向けたことによって、 後半では、引き締めたいパーツへと無理なく意識を向けやすくなるのです。 数多くの産後ママをみてきたAi先生は、セレクトするポーズは、どれもママ達に必要なポーズばかり。 シンプルですが、心と身体の調和が生まれ、柔らかくなっていくママたちの表情を目の当たりにして、 ヨガでしか得られない効果を実感しました。

産後ママの身体に必要なものをしっかりと提案するAi先生の子連れヨガは、豊富な知識と自身の経験によるもの。 安心して心も身体もゆだねることができ、ママも子どもも笑顔になれる、あっという間な60分間でした。

今回は見守り隊として、私、高橋が担当しました。
”産後のお出かけはこのお外ヨガが初めてでした。”
という、見守り隊として大変うれしいお言葉もいただけました。
ママ達には、ヨガにもっとフォーカスできるように!もっと笑顔になるように!
さらに工夫を重ねていきたいと思います^^

 

お外ヨガ 木場公園

 

最後に。

世界中のママと子どもが笑顔になりますように。

 

 

ハスヨガ

 

Ai先生の子連れクラスが深川でスタートします。詳しくはこちら


この記事のトラックバックURL
トラックバック

記事一覧

カテゴリー

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

archives

links

search this site.

others